経営理念の確立・浸透のために

経営品質向上プログラム導入支援

 経営理念の確立・浸透のために

「顧客本意」「独自能力」「社員重視」「社会との調和」の4つの要素

「経営理念を確立する」のためには、経営者自身が "自らの人生" "企業の変遷" あるいは、 "創業の志" を振り返り、そして、その振り返りの中から、関係してきた方々への感謝と自らを律する強い意志が重要です。
経営品質向上プログラムでは、理念の方向性を "顧客本位" "独自能力" "社員重視" "社会との調和" と示しています。
また、
「経営理念を浸透する」ためには、経営理念に基づいた行動が習慣化するまで、繰り返し、繰り返し、取り組んでいくことが重要です。
経営品質向上プログラムでは、経営を革新する7つの要素に対して、経営理念に基づいた取り組みを行うことを求めています。


 経営品質向上プログラムとは

「顧客本意」「独自能力」「社員重視」「社会との調和」の4つの要素

経営品質向上プログラムとは、
顧客、競争(独自性)、社員、社会のすべてにおいて高い価値を作り出すために、革新し続ける経営づくりを支援する一連のプログラムをいいます。


■基本理念

基本理念は、「卓越した経営」を実現するための変革と創造を目指す経営品質向上プログラムの基本的な価値、態度、信念、行動基準を意味しており、「顧客本位」「独自能力」「社員重視」「社会との調和」の4つの要素から構成されています。

■経営品質向上へのフレームワーク

アセスメント基準のフレームワーク

アセスメント基準書(2005年版)より

■経営品質向上プログラム導入支援

標準的なプロセス(半日×24回)
*
組織プロフィールの検討 → カテゴリー毎に
強み・改善課題の検討
→ 改善課題の統合と
優先順位の明確化
→ 活動プログラムの策定
 

 △このページのTOPに戻る

新型コロナウイルス感染症
対策関連の情報

[新型コロナウイルス感染症関連(経済産業省)]
https://www.meti.go.jp/covid-19/index.html

[支援策パンフレット(経済産業省)]
https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/pamphlet.pdf

[新型コロナウイルス感染症について(厚生労働省)]
https://www.mhlw.go.jp/stf/
seisakunitsuite/bunya/
0000164708_00001.html

中小企業における
ワクワクする企業創り
中小企業における
ワクワクする診断・支援メニュー
中小企業における
ワクワクするセミナー・研修
ワクワクするEMEの事例
ワクワクするEMEについて

お問合せ