良い企業文化創りのために

企業文化革新プログラム導入支援ワクワクする会議をしよう!

 良い企業文化を醸成するために

企業文化革新プログラムの体系

「良い企業文化を醸成する」ためには、まず、それぞれの企業で習慣化されている行動の振り返りが重要です。しかし、習慣化されている行動は、(自分のクセを自分では気づかないのと同じように)企業内部では気づきにくいものです。
「企業文化変革プログラム」では、企業文化診断を通じて、企業において習慣化されている行動・考え方・姿勢を抽出していきます。その上で、良い習慣を整理し、定着させる "粘り強い取り組み" を行っていきます。


 企業文化とは

企業や事業体といった組織は、人で構成され人々が共に働くことから価値がつくり出されます。仕事の内容や進め方は、予め設計されマニュアル等に定義されていることが多くありますが、実際の実行局面では、働く人々の人間的摩擦や歴史の中で築かれた習慣、暗黙の了解に影響を受けることになります。 こうした仕組みを運用する「組織能力の根底に流れる生活様式、風習や精神構造」を企業文化と呼びます。ベンチマーキング等で他社の成功事例を導入してもうまく機能しないことが良くあります。それは企業文化の違いに起因するためです。

「市場、顧客から評価される企業」に変革するためには、その土壌たる企業文化の見直しが必要とされるのです。


■企業文化革新プログラムの目的

「市場・顧客から評価される企業」に変革するために

  1. 自社の企業文化に気付いて頂く
  2. 企業の変革モデルに基づき
    ・企業の価値観
    ・企業の仕組み

の視点から、変革を推進する企業文化を醸成いたします。

企業文化革新プログラムの体系

■企業文化革新プログラムの体系

企業文化革新プログラムの体系は、問題解決行動の観点から

  1. あるべき姿の設定水準
  2. あるべき姿と現実の姿とのギャップの認識
  3. 問題解決に向けての当事者意識
    一方、組織行動の推進ベクトルとして、
  4. あるべき姿を規定する社会・顧客・社員への貢献意識
  5. 1〜4を具現化する経営理念・行動指針

を具現化いたします。


■企業文化革新プログラム導入支援

標準的なプロセス(半日×12回)
*
企業文化革新プログラム
レクチャー
→ あるべき企業文化の抽出 → 変革する価値観の検討 → 変革を認める取組
*
ベクトルを合わせる取組 → 変革する価値観の
検証
→ 企業文化の浸透定着  

*

研修参加者の声を見る

*

 企業文化革新プログラム導入支援のご案内ダウンロード

『ワクワク組織創り』支援メニュー:企業文化革新プログラム導入支援

ワクワクする会議をしよう!

  • 中小企業の企業文化革新プログラム導入支援、ワクワク会議のご案内につきましては、上記のパンフレットをダウンロードして下さい。
    なお、ご質問ご要望につきましては、下記のフォームをご活用ください。
    » ご意見・お問い合わせフォームへ
  •  注目! 
    [ 価値創造のポイント ]
    新しい価値を創造するためには社員の自由闊達な発言・対話が欠かせません。社員が自由に発言・対話する場を創りましょう。ワクワク会議がお手伝いします。

 △このページのTOPに戻る

*
EMEワクワクブログ EMEメルマガ EMEワクワク語録 100年企業創り合同会社
*